TRIBE COLUMN TRIBE コラム

若手『冬の』足場職人インターン募集:本気ならアルバイトじゃなくてインターン

コラム 採用

2017.12.12

インターンを募集!インターンとアルバイトの違いとは?

神奈川県相模原市の仮設足場施工「トライブ」です。今トライブでは未来のある20代のインターンを大募集しています!

・日当10,000円(交通費込み)

・募集開始は12月15日から

・実際に現場に来年2018年の1月10日以降

・日程は応相談

なんでこの時期に足場のインターン募集なの?その理由は、冬には比較的現場が少なく、先輩が懇切丁寧に教える暇ができるからなのです。

そこで、今回はインターン募集の時によく尋ねられる質問の1つ「インターンって何?アルバイトと何が違うの?」という疑問も解消しながらトライブでインターンをするメリットをご紹介していきます。

ただお金を稼ぐアルバイトと違う!インターンは職人の1人として現場を見渡せるようになること

簡単に言ってしまえば「インターン」は職業体験です。アルバイトと大きく違う点はまず「目的」。アルバイトが賃金をもらう事を目的とするのであれば、インターンはその会社や業界の事を知ることも同時に目的にしているのです。

ただアルバイトとして言われたことをやるだけではなく、「この現場でトライブの足場組み立てはどんな役割を担っているのか」を学ぶためにインターンはあります。こと、様々な業種の方が一堂に介して作業を行う現場の中で、自分のやっている作業の意味、もっと言えば現場全体を見渡す事ができるようになる事は作業現場に欠かせない大事な目線の1つでもあります。トライブでは自慢のエネルギッシュな社員の紹介は勿論の事、ひいては現場や業界全体の事情も同時に教えることができます。

簡単な作業以上のノウハウをしっかりと学んで、腕に職をつけるチャンス!

業界の事を知らない人にとっては専門的な話になってしまいますが、特に弊社トライブは、鳶職は鳶職でも「仮設足場施工」と具体的な専門が決まっております。しかし足場1つとってもそんなに単純なものではありません。「クサビ式足場」「単管足場」「枠組足場」など足場には様々な種類があるのをご存知でしたか?

例えば、「クサビ式」は単純な構造で、組み立て方もシンプル。誰でも組み立てる事ができると言われていますが、一方「単管足場」を組み立てるにはパイプの上で動く作業も伴うため、この業界では「単管足場の組み立てができて初めて1人前」だと言われております。そのノウハウを厳しいけれども丁寧に身につけられる事もインターンが持つ賃金以外の対価と言えるでしょう。

スキルアップできる環境で働く事で就職や独り立ちも!

上で紹介した通り、インターンはアルバイトで得る賃金のほか「より現場に踏み込む事で業界を見渡せる目線」を手に入れつつ、「より高度な技術を学ぶことができる環境」で働ける事がわかってもらえたかと思います。

しかし、インターンの強みはそれだけではありません。

インターンはその人の心構えや磨かれていくスキルの成長過程を、トライブの先輩が見守る環境にもあるのです。努力が認められ、技術が戦力として認められる事が出来れば、「そのまま就職するケース」や、経験を積む事ができれば極端な話、独り立ちや親方を目指す事だって不可能ではありません。

中途半端な気持ちは捨てて。しっかり働いて立派な職人に

と、ここまで美味しい事ばかりを話しましたが、勿論誰も初めから全てがこなせるとは考えておりません。初めのインターンはあくまで「足場のサポート」や「物を運ぶ」程度。まして足場を組むことを強要したりはしません。これはインターン生には初めは職場を一日ともにしてもらうことが重要だと考えているためです。まず弊社のモットーは「バカ真面目」。だからこそ先輩たちは仕事にはうるさく一見怖そうに見えてしまうこともあるかもしれません。しかし厳しい先輩が1番仕事を知っているのです。そこで大事なのは「仕事を覚える」事もさる事ながら、先輩に食らいついていくガッツと精神です。

これはトライブで実際に今働いている人の言葉ですが、

「最初の一年はわからないことがあっても聞かなかった。だから覚えるのが遅かった。しかし、頑張ろうと思いたってからは、先輩の話を考えながら聴き、メモや写真をとって覚える。新人は最初頑張っているつもりだが、自分なりに頑張っているのとプロが頑張るのでは力のいれ方がまるで違う。」

どうですか、手前味噌ですが「インターン募集」だからといって甘い言葉で釣るよりも、よっぽど真摯な言葉だと思いませんか?

しかし、それはやはり希望者にはトライブの1員として自立できるようになってもらうための本気の募集だからこそなのです。

繰り返しになってしまいますが、噛み砕いて言えば、アルバイトは「その場しのぎの労働力」として雇われているのに対してインターンは長期的な目線で「ちゃんとした職人」を育てる事にあります。アルバイトとインターン、あなたが今後の進路を本気で考えるのであれば、この度のインターン募集、足場職人として一人前に成長していくための環境がトライブには揃っています。

繰り返しになってしまいますが、募集開始は12月15日から、実際に現場に来年2018年の1月10日以降です。気になった方は1度ご連絡をしてみてください。