TRIBE COLUMN TRIBE コラム

個人住宅の仮設足場(クサビ式足場):神奈川県川崎市N様

2021.7.29

神奈川県相模原市で仮設足場工事とレンタルを手がけているトライブです。

東京では4年ぶりの大雪ということで、仮設足場工事にも影響がでています。

もちろん降雪のなかでは仮設足場工事はできません。

晴れ間を逃さず、急ピッチで工事を進行します。

今回は神奈川県川崎市の個人住宅の仮設足場工事です。

丘の上の立地ですので、水平をとるのにテクニックが必要な現場でした。

地面は段差が多いので、水平が保たれている塀を活用しました。

仮設足場工事の現場では、安全第一を前提に柔軟な発想が必要とされます。

個人住宅のなかでは高さのある現場でした。

構築する足場も通常の2階建てよりも大がかりなものになります。

手袋を寒さが貫く環境ですが、ひるまずに仮設足場にあがって作業します。

いつ天気が崩れるかわからないのでオチオチしていられません。

クサビ式足場は、簡単かつ速やかに構築できる仮設足場です。

しかし金ヅチで鉄管を叩くので騒音が発生するのは難点です。

今回は特に閑静な住宅地でした。

また施主さんが屋内にいるパターンの仮設足場工事でもあります。

むやみやたらに叩くのではなく、的確にツボをとらえて最小限の騒音で済ませます。

上写真のように、狭い場所でクサビ式足場を使う場合には要注意です。

クサビ式足場は、突起がついているので壁などにぶつける危険性があるのです。

出来る限りまとめて担ぎながらも、ぶつけないように配慮します。

これは車体感覚とおなじようなもので、ある程度の経験が必要になってきます。

今回は晴れ間をぬっての急ピッチの作業なので、狭い場所でもクサビ式足場を使いました。

しかし、もし余裕があるのならば、住宅密集地での仮設足場工事では単管足場がおすすめです。

トライブには単管足場工事のノウハウが豊富に蓄積されています。

迅速に、そして使い勝手の良い単管足場工事を行うことができます。

住宅密集地での仮設足場工事が必要な際には、お気軽にお問い合わせください。

昼過ぎにはほぼ仮設足場の構築は終わりました。

いつ天気が崩れるのかヒヤヒヤしていましたが、スピード感のある仕事でカバーしました。

まだまだ雪が残る中での作業は、ガムシャラなパワーだけでは務まりません。

コンディション調整が大切です。

肝心なときに体調不良で現場が遅れる、あるいは不完全に終わったなんて話もたまに聞きます。

トライブの足場職人は、技術と経験はもちろんのこと、プロ意識が一味違います。

安全・確実な仕事が必要な、ここ一番の仮設足場工事はトライブにお任せください。